本文へ移動

セ最優秀防御率の行方…1位中日・柳の2・20に2位阪神・青柳は18回無失点でも2・25で上回れない

2021年10月21日 22時07分

このエントリーをはてなブックマークに追加
中日・柳(左)と阪神・青柳

中日・柳(左)と阪神・青柳

 中日の柳裕也投手(27)は21日の阪神戦(甲子園)で今季最短2イニング4失点で降板。失策絡みで自責点は2だったため、防御率2・20となった。最多奪三振(168個)との投手2冠の安全圏を維持するため、この日が今季のラスト登板になる見通し。
 防御率2位で2・51の青柳(阪神)は2試合連続完封に相当する18イニングを自責点0に抑えたとしても2・25に留まり、柳を上回ることはできない。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ