本文へ移動

【中日】岡林勇希が2週間ぶりに打点「後ろにつなごうと振った結果のヒット」

2021年10月21日 21時41分

このエントリーをはてなブックマークに追加
9回表2死一、二塁、岡林が左前に適時打を放つ

9回表2死一、二塁、岡林が左前に適時打を放つ

◇21日 阪神6―1中日(甲子園)
 「2番・右翼」でスタメン出場した2年目の岡林勇希(19)が2週間ぶりに打点を挙げた。9回2死一、二塁で阪神2番手・小川の内角速球を左前に落とした。この日は4打数1安打。最終打席でマークしたチーム唯一の適時打に「3打席とも内容的にあまり良くなくて、9回の第4打席はミツさん(三ツ俣)と根尾さんが四球でつないでくれた。後ろにつなごうと振った結果のヒットです」とコメントした。打点は10月7日の本拠地・広島戦以来だった。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ