本文へ移動

【日本ハム】どうしても10勝目が遠い…伊藤大海6度目のチャレンジも失敗

2021年10月21日 20時46分

このエントリーをはてなブックマークに追加
4回1死、柳田を空振り三振に仕留めた日本ハム・伊藤

4回1死、柳田を空振り三振に仕留めた日本ハム・伊藤

◇21日 ソフトバンク―日本ハム(ペイペイドーム)
 どうしても10勝目が遠い。6回まで無失点に抑えていた日本ハムのルーキー伊藤大海投手(24)は両軍無得点で迎えた7回に甲斐に先制2ランを被弾。9月7日に9勝目を挙げて“王手”をかけていた右腕の2桁チャレンジは6試合連続失敗となった。
 痛恨の一発を浴びた。0―0で迎えた7回2死三塁から甲斐に投じた3球目が真ん中へ。打球が12号2ランとなって左翼フェンスを越えるのを見届けると、伊藤はガックリと肩を落とした。
 6度目となる10勝への挑戦へ「強いボールを投げることだけを考えて、少しでも長いイニングを投げられるように頑張りたい」と意気込み、力のある直球を軸にした攻めの投球を披露した。5回1死一、二塁のピンチも柳町を空振り三振、牧原大を見逃し三振にねじ伏せてガッツポーズを見せたが、7回に力尽きた。8回からは2番手の玉井にマウンドを譲り、この日も白星を手にすることはできなかった。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ