本文へ移動

【オリックス】不振の宗が貴重な追加点となる9号ソロ「最高の結果になった」自己初の2桁本塁打に王手

2021年10月21日 20時02分

このエントリーをはてなブックマークに追加
5回オリックス1死、ソロを放ったオリックス・宗佑磨はオリックス・伏見寅威とタッチをかわし喜ぶ

5回オリックス1死、ソロを放ったオリックス・宗佑磨はオリックス・伏見寅威とタッチをかわし喜ぶ

◇21日 オリックス―西武戦(京セラドーム大阪)
 オリックスの宗佑磨三塁手(25)がアーチで追加点をもたらした。2点リードで迎えた5回1死走者なし。今井の外角高めの変化球を右越えに放り込んだ。
 「打ったのはスライダーです。最近、全然打てていなかったですし、何とか塁に出ようという気持ちだけだったので、最高の結果になってくれて良かったです!」
 起死回生の同点8号2ランを放ったのが12日のロッテ戦(京セラドーム大阪)。翌13日から20日までの7試合で、安打を打ったのは1試合だけ。この間は27打数1安打、打率3分7厘というていたらくだった。自己初の2桁本塁打に王手となる9号は先発の宮城に大きな援護となった。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ