本文へ移動

【菊花賞】枠順確定 神戸新聞杯覇者ステラヴェローチェは7枠14番 ルメール騎乗のオーソクレースは8枠18番

2021年10月21日 14時21分

このエントリーをはてなブックマークに追加
ステラヴェローチェ

ステラヴェローチェ

 JRAは21日、第82回菊花賞(G1・24日・阪神・3000メートル)の出走馬と枠順を発表した。前走の神戸新聞杯を制し、皐月賞と日本ダービーで3着のステラヴェローチェは7枠14番、前走セントライト記念を制したアサマノイタズラは1枠2番、5分の1の抽選はノースザワールドが出走権を手にした。今年の菊花賞は京都競馬場の改修工事により、42年ぶりに阪神競馬場で開催される。

1枠1番 ワールドリバイバル(津村)
  2番 アサマノイタズラ(田辺)
2枠3番 タイトルホルダー(横山武)
  4番 ロードトゥフェイム(丹内) 
3枠5番 レッドジェネシス(川田)
  6番 セファーラジエル(鮫島駿)
4枠7番 ディープモンスター(武豊)
  8番 エアサージュ(藤岡佑) 
5枠9番 ヴェローチェオロ(幸)
  10番 モンテディオ(横山和) 
6枠11番 ディヴァインラヴ(福永)
  12番 ノースザワールド(和田竜) 
7枠13番 アリーヴォ(M・デムーロ) 
  14番 ステラヴェローチェ(吉田隼) 
  15番 ヴァイスメテオール(丸山) 
8枠16番 グラティアス(松山) 
  17番 ヴィクティファルス(池添)
  18番 オーソクレース(ルメール) 

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ