本文へ移動

立川志らく「誹謗中傷を書く連中はどうにもならない連中」と一刀両断 ”コメント欄”はなくすべきと主張

2021年10月21日 12時26分

このエントリーをはてなブックマークに追加
立川志らく

立川志らく

 TBSの情報番組「ひるおび!」が21日、「ヤフーニュース」がコメント欄の誹謗(ひぼう)中傷対策を強化する件について特集。コメンテーターで落語家の立川志らく(58)が「別にコメントなんかなくてもいいんじゃない?極端な話」と提案した。
 ヤフージャパンは19日、「ヤフーニュース」コメント欄の誹謗中傷に関する投稿について、人工知能(AI)が自動で非表示にする機能を導入することを発表した。
 これに志らくは「削除する取り組みはいいこと」と評価しつつ、「結局、誹謗中傷を書く連中は心の寂しい、世間から相手にされない、どうにもならない連中」と一刀両断。その上で「消されようが何しようが何とも思わないですよ。人の心がもう荒んじゃってるから」として、「だからもう、別にコメントなんかなくてもいいんじゃない?極端な話」と結論づけた。
 またネットニュースが度々「炎上」することをふまえ、「メディアも良くないところがある」とも批判。「炎上するなんてほんのごく一部の人がやってるのに、まるで世間の声のようにドーンと取り上げる。世間の人はほとんど相手にしてないですよ」とニュースの取り上げ方について疑問を投げかけた。さらに「我々コメンテーターは批判してるんだと。だけどその批判が1人の人物にわーっと行くといじめと同じ構造になるから、メディア側も反省すべき」と指摘した。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ