本文へ移動

大池 地元でG1初V!!

2021年10月21日 05時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
初のG1タイトルを手にして胸を張る大池佑来=江戸川で

初のG1タイトルを手にして胸を張る大池佑来=江戸川で

 江戸川ボートの開設66周年記念G1「江戸川大賞」は20日、最終日の12Rで強風の影響により安定板を使用、本番レース2周で優勝戦が行われ、1号艇の大池佑来(34)=東京=がインからコンマ03のトップSで逃げを決め、G13回目の優出で初優勝。賞金1000万円を獲得して同ランクは48位に浮上するとともに、来年3月・大村で開催されるクラシック出場権利も手にした。2着は秋山直之、3着には赤岩善生が入った。
 東京支部からまたニューヒーローが誕生した。優勝戦1号艇を手にした大池がインからハナを切ると1Mを力強く先マイ。「水面が荒れているとSが届かないので、気合を入れて行きました。回ってからも波があって必死で気が抜けなかった」と気を緩めることなく2周回を走り切り、念願のG1初Vを飾った。
 江戸川には感謝の思いがあった。2010年に初Vを飾ったのがこの水面。それからも地区スター候補やメモリアルでのレース場推薦も受け「今までの経験の集大成を出せた。江戸川のG1やG2で結果を出したかったのでうれしいです」と思いを結実させ、笑顔が絶えなかった。
 東京支部では2019年に永井彪也がヤングダービーを、今年5月には栗城匠が平和島67周年で優勝と若手が力をつけている。「栗城や彪也がG1を取って自分も取れると思った。SGの権利も取れたし、もう一段階上のステージで存在感を出したい」。今回の優勝で大きな自信をつけた大池が、次はSGの舞台でその実力を見せつける。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ