本文へ移動

午後9時以降の3レースだけでなんと4億円超の売り上げ!1日の半分を占める 業界初ミッドナイトボートレース

2021年10月20日 23時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
業界初のミッドナイトレース初日のドリーム戦を制した服部幸男

業界初のミッドナイトレース初日のドリーム戦を制した服部幸男

 午後9時以降も楽しめる初のミッドナイトボートレース「トランスワードトロフィー2021」が20日、下関ボートで開幕した。V候補が集結した12Rドリーム戦は2号艇の服部幸男が強力な出足を生かして一番差しを決め、初日ただ一人の連勝スタート。2着は谷村一哉、3着に市橋卓士が続いた。
 初日の売り上げは8億3225万2700円を記録。うち業界初となる午後9時以降に開催された10、11、12Rの3レースで4億1986万1100円と全体の半分を占めた。節間の売り上げ目標は40億円。なお、同日にナイターで開催した他場では、まるがめボートの売り上げが6億8306万900円、若松ボートが6億2914万7800円、大村ボートが5億6974万1200円だった。
 また、下関ボートの前節「ヴィーナスシリーズ第13戦日本スポーツエージェントカップ」初日(9日、土曜日)の売り上げは10億7019万1800円だった。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ