本文へ移動

有終右前打のDeNA中井「今日のヒットが恩返しになれば…第2の人生も頑張っていく」涙のあいさつ

2021年10月20日 22時20分

このエントリーをはてなブックマークに追加
試合後の引退セレモニーのスピーチ中、涙をぬぐうDeNA・中井

試合後の引退セレモニーのスピーチ中、涙をぬぐうDeNA・中井

◇20日 巨人3―2DeNA(横浜スタジアム)
 今季限りで引退するDeNAの中井大介内野手(31)が、1点を追う7回に代打で登場。巨人の2番手・畠から右前打を放った。一塁ベース上で目を真っ赤にすると、自軍ベンチのナインが万歳で祝福した。
 真剣勝負でのヒットにスタンドが沸き返った。試合後のセレモニーでは両親や妻、息子に感謝の言葉を述べ大粒の涙。「(所属した)巨人、DeNAの2チームで出会ったチームメートやファンに感謝したい。今日のヒットが恩返しになれば。第2の人生も頑張っていきたい」と語った。
   ◇   ◇
 ▽中井の古巣、巨人・原監督(現役引退の中井に向け)「横浜(DeNA)でああやって、こう大事にされるというね。ジャイアンツで彼が18歳の時から見ていますけど、非常に逆に横浜球団に感謝しますね。大介はまだまだ若いし、現役は終わるけどもね、これからの方が長いわけで、まあ、エールを送り、健闘を祈るというところですね」

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ