本文へ移動

橋本大輝が金メダルスコアに迫る得点で個人総合と種目別鉄棒で暫定トップ【体操世界選手権】

2021年10月20日 21時28分

このエントリーをはてなブックマークに追加
橋本大輝

橋本大輝

 体操の世界選手権第3日は20日、北九州市立総合体育館で男子予選があり、東京五輪個人総合、種目別鉄棒2冠の橋本大輝(20)=順大=は両種目で暫定トップとなった。
 橋本は五輪個人総合金メダルスコア88・465に迫る88・040で決勝進出を果たした。3種目目のつり輪は13・333と得点が伸び悩んだが「試合では何が起こるか分からない。切り替えて集中した」と続く跳馬では着地をピタリと止め15・066のハイスコア。精神力の強さも見せた。
 22日の個人総合決勝では僅差で予選2位の張博恒(中国)とのマッチレースが予想される。「(張は)強い。悔いの残らない試合にしたい」と意気込んだ。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ