本文へ移動

【オリックス】山崎福「吉田凌に助けてもらって本当に感謝」勝利の権利を得るも…救援陣崩れ逆転負け

2021年10月20日 21時07分

このエントリーをはてなブックマークに追加
楽天打線相手に力投するオリックス・山崎福也

楽天打線相手に力投するオリックス・山崎福也

◇20日 オリックス2―5楽天(京セラドーム大阪)
 オリックスの先発・山崎福也投手(29)は5イニング3分の2を投げて3安打1失点、3奪三振だった。首位を奪回し、残り3試合となっての重要な登板。2回に2死から銀次、茂木の連続長短打で先取点を奪われた。しかし、その後は3回から5回まで三者凡退の連続。すると、5回裏に伏見が逆転4号2ラン。6回は2死満塁となったところで、中嶋監督に交代を告げられた。
 「前回登板の内容もあったので、立ち上がりから何とか変わったところを見せたかったし、結果的に1点で抑えられたところはよかったと思う。最後のところは悔しさが残りますが、(吉田)凌に助けてもらって本当に感謝しかありません」
 救援した吉田凌が鈴木を空振り三振に仕留め、リードは保ち、9勝目の権利を得た。前回の先発(13日のロッテ戦)は3回途中で5失点KO。そのふがいなさを取り返す粘投だったが、救援の富山と比嘉が適時打されて逆転を許し、チームもそのまま敗れた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ