本文へ移動

【日本ハム】野村佑希がプロ3年目で初の2試合連続弾!意気消沈気味のチームに勇気づける一発

2021年10月20日 19時59分

このエントリーをはてなブックマークに追加
日本ハム・野村佑希

日本ハム・野村佑希

◇20日 西武―日本ハム(メットライフドーム)
 日本ハム・野村佑希内野手(21)が「3番・三塁」でスタメン出場。2試合連続本塁打となる7号3ランを放った。
 4点を追いかける2死一、二塁の好機で迎えた5回の第3打席で、西武の先発・松本が投じた初球、139キロを思い切り良くフルスイング。大きな弧を描いた打球は切れてファウルになることなく、追い上げの3ランとなって西武ファンで埋まった左翼席に飛び込んだ。
 1試合2本塁打は8月20日の楽天戦(札幌ドーム)で放った経験があるが、2試合連続弾はプロ3年目で初めて。2回だけで5点を失って意気消沈気味になっていたチームを勇気づける一発となっただけに、一塁ベンチに戻った野村は「(打ったのは)カットボールだと思う。切れずに入ってくれたのでよかった」と手応えありげに振り返った。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ