本文へ移動

「紅白に出ない」と表明の五木ひろしに…NHK総局長「多大な貢献をいただいた。大変感謝している」

2021年10月20日 17時53分

このエントリーをはてなブックマークに追加
NHK

NHK

 NHKの正籬(まさがき)聡放送総局長は20日の定例会見で、演歌歌手の五木ひろし(73)が、昨年の紅白歌合戦で達成した歴代最長の連続出場50回を区切りとして今年の紅白に出場しない意向を表明したことについて「発言は承知している。出場者は現在検討中だ」としたうえで「多大な貢献をいただいた。大変感謝している」と述べた。
 「演歌や歌謡曲の歌手が減る傾向にあるのでは」との指摘には「その年にふさわしい歌手を選び、ジャンル別に(出場者数を)考えていない」とした。
 五木は1971年に「よこはま・たそがれ」で紅白初出場を果たして以来、昨年まで途切れることなく出場した。17日の新歌舞伎座(大阪市)でのコンサート中に「(紅白50年連続出場は)簡単に達成できるものではありません。喜びを胸に終了したいと思います」と話した。
 また、来年放送する大河ドラマ「鎌倉殿の13人」を1月9日(総合午後8時ほか)に始めると発表した。全体の放送回数は「コロナ禍の影響が見込めないため未定」と説明した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ