本文へ移動

内村航平、鉄棒種目別決勝に前進 故郷・北九州で高難度の離れ技立て続けに決め大歓声浴びる【体操世界選手権】

2021年10月20日 10時57分

このエントリーをはてなブックマークに追加
内村航平

内村航平

 体操の世界選手権3日目は20日、北九州市立総合体育館で男子予選が行われた。五輪個人総合2連覇の内村航平(32)=ジョイカル=は東京五輪に続き鉄棒1種目に専念。14・300で暫定3位につけ、24日の種目別決勝進出へ前進した。
 東京五輪ではまさかの落下で予選落ち。「ミスのない演技をする。シンプルに」と語っていた内村が、故郷でもある北九州での世界選手権できっちり答えを出した。
 冒頭のH難度のブレトシュナイダーから高難度の離れ技を立て続けに決め、内村らしく着地もまとめた。演技後は大歓声に手を振って応えた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ