本文へ移動

大楠の下歌い続け700回目 鈴鹿の原田さんら来月記念ライブ

2021年10月20日 05時00分 (10月20日 10時12分更新)
700回目の記念ライブに向けて合同練習をする原田さん(右)と仲間たち=鈴鹿市南長太町で

700回目の記念ライブに向けて合同練習をする原田さん(右)と仲間たち=鈴鹿市南長太町で

  • 700回目の記念ライブに向けて合同練習をする原田さん(右)と仲間たち=鈴鹿市南長太町で
  • 田園地帯に立つ「長太の大楠」。近くを走る近鉄名古屋線の車窓からも見える=鈴鹿市南長太町で
 鈴鹿市南長太(なご)町にある県天然記念物のクスノキ「長太の大楠」の樹下で、フォークギターの弾き語りを続ける福祉施設職員、原田祥司さん(64)=同市神戸(かんべ)八=が十一月六日、七百回目の記念ライブをする。千回を目標に始めて丸六年がたち「面白そう。一緒にやりたい」と仲間が五人に増え、ライブに向けて合同練習をしている。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

三重の新着

記事一覧