本文へ移動

山田裕貴が志村けんさん演じるフジ系ドラマ 出演オファーに「本当に僕ですか 僕で大丈夫ですか」

2021年10月20日 05時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
志村けんさんを演じる山田裕貴

志村けんさんを演じる山田裕貴

 昨年3月、新型コロナ感染症に伴う肺炎のため70歳で亡くなった、タレントの志村けんさんの半生を描いたドラマ「志村けんとドリフの大爆笑物語」がフジテレビ系で12月に放送される。志村さん役を務める俳優の山田裕貴(31)は同局のドラマ初主演で、撮影中には志村さんを“感じた”と明かした。
 同ドラマは、志村さんがコメディアンになることを決意した1968年、高校卒業間際にバンドのボーヤ(付き人)としてザ・ドリフターズに携わるところからスタートする。
 見習い時代の修業の日々、そして74年に晴れてドリフのメンバーの一員となってから90年代までの想像を絶するような過酷なスケジュールや、人気の裏に隠された挫折と苦悩、葛藤を描く。TBS系で公開生放送されていた伝説的番組「8時だョ!全員集合」で毎週行われていたコントのネタ会議の様子や、徐々に築かれていくほかのメンバーとの友情も明らかになる。
 山田は「お話をいただいたときは、『本当に僕ですか? 僕で大丈夫ですか?』と、信じられませんでした。楽しみよりもプレッシャーの方が大きかったです」とオファーを受けた時の心境を吐露。現場でも極度の緊張状態だったという山田だが、役を演じるにあたって、ドリフのコントシーンを何度も繰り返し映像で見て研究したという。
 コントシーンの撮影日は31歳の誕生日だったそうで、「すごくうれしくて、もしかしたらそれは志村けんさんからのプレゼントだったのかなと思います。志村けんさんに代わって皆さんを笑顔にできるとうれしいです」と天国の志村さんに感謝した。
 ドラマでは、山田らによって「8時だョ!全員集合」やフジ系「ドリフ大爆笑」の懐かしい場面も再現される。メンバー全員による「ドリフ大爆笑のテーマ」や「ドリフのズンドコ節」、名作と言われる数々のコントシーンにも注目だ。演出・脚本はドラマ「今日から俺は!!」(日本テレビ系)などのヒット作を手掛けた福田雄一さん(53)が手掛ける。
 いかりや長介さんら他のキャストは今後、発表される。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ