本文へ移動

田中みな実「結婚を逃げ道として考えたことも…」自身の20代後半を回想、初主演映画の役作りに生きた

2021年10月19日 20時34分

このエントリーをはてなブックマークに追加
笑顔を見せる田中みな実

笑顔を見せる田中みな実

 フリーアナウンサーで女優の田中みな実(34)が初主演する映画「ずっと独身でいるつもり?」(11月19日公開)の完成披露試写会が19日、東京都内で行われ、田中、共演の女優・市川実和子(45)、松村沙友理(29)、徳永えり(33)、俳優・稲葉友(28)、ふくだももこ監督(30)が登壇した。
 充実した仕事や暮らしをしながらも、周囲の雑音に傷つき、揺れる30代の独身女性・まみを田中が演じる。まみと通じる点について問われると、「私も20代後半ぐらいの時に結婚を一つの逃げ道として考えたこともあった。今は結婚に対して、自分のペースで良い方がいれば、それはしたいと思いますし、たくさんの選択肢があっていいはずなのに、なんか世の中的に決めつけられてしまうことが多いなと」と語り、「会場の女性の方で、自分の生き方を肯定できるような、見終わった時にそんな気持ちになっていただければうれしいです」とアピールした。
 ふくだ監督からは「プロフェッショナルというか。最初にお会いした時から、まみのキャラクターの設定をすごく明確におっしゃってくださって」と絶賛されると、田中は「映画の現場って灰皿投げられたりするのかなって思ってたんですけど、ほっこりする現場でした」と感謝した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ