本文へ移動

Jリーグ「クラブの実施地域は制限されない」新ガイドライン策定へ ホームタウン制度の「理念に変更なし」

2021年10月19日 19時59分

このエントリーをはてなブックマークに追加
 Jリーグは19日、ホームタウン域外の事業活動について、人の流動化や加速するマーケティングのデジタル化を踏まえ、「クラブの実施地域は制限されない」などとする新たなガイドラインを策定する方針を明らかにした。ファンや顧客視点による営業やプロモーション、イベント活動をホームタウン域外でも可能にすることで、クラブやリーグの事業を拡大させていくのが狙い。
 Jリーグ誕生以来のホームタウン制度について、木村専務理事は「理念や、理念を具現化している規約、活動方針に一切の変更はない」と強調。出井パートナー・放映事業本部長は「(全57クラブ)と方向感は合意を得ている」と話した。地方クラブが首都圏でパブリックビューイングやサッカースクールができるほか、グッズ販売を活動区域に制限なく展開することなども可能になる。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ