本文へ移動

サッカーU-22日本代表を発表 松岡大起らパリ世代19人に郷家友太ら4人の『オーバーエージ』

2021年10月19日 19時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
 日本サッカー協会は19日、U-23アジアカップ予選のカンボジア戦(26日)、香港戦(28日)を戦うU-22日本代表メンバー23人を発表した。2024年五輪出場を目指すMF松岡大起(20)=清水=らパリ世代の19人に、MF郷家友太(22)=神戸=ら“オーバーエージ”4人を加えた陣容。新型コロナでU-20W杯が中止になった影響もあり、冨樫剛一監督は「ピッチで国際試合の難しさを感じてほしい」と話した。
 予選は11組に分かれ、各組1位と2位の上位4カ国が来年6月のUー23アジアカップ(ウズベキスタン)に出場する。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ