本文へ移動

初の韓国産ロケット、21日打ち上げ 成功なら7番目の保有国

2021年10月19日 05時00分 (10月19日 05時01分更新)
21日に打ち上げ予定の韓国初の国産ロケット「ヌリ号」=羅老宇宙センターで(韓国航空宇宙研究院提供)

21日に打ち上げ予定の韓国初の国産ロケット「ヌリ号」=羅老宇宙センターで(韓国航空宇宙研究院提供)

 【ソウル=中村彰宏】韓国初の国産ロケット「ヌリ号」が21日、全羅南道(チョルラナムド)・高興(コフン)の羅老(ナロ)宇宙センターから打ち上げられる。1.5トンの衛星を軌道に乗せることができ、成功すれば1トン以上の衛星打ち上げ能力を持つロケット保有国としては、日本や米国、中国などに次いで世界で7番目となる。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報