本文へ移動

県民栄誉賞、2選手が受賞 五輪競泳2冠・大橋選手「光栄」、パラ競泳金銀・木村選手「幸せ」

2021年10月19日 05時01分 (10月19日 10時13分更新)
三日月知事(中)に記念品の皿を贈った大橋選手(右)と木村選手=県庁で

三日月知事(中)に記念品の皿を贈った大橋選手(右)と木村選手=県庁で

 東京五輪競泳の400、200メートル個人メドレーで2冠の大橋悠依選手(26)=彦根市出身=と、パラリンピック視覚障害競泳100メートルバタフライで金メダル、100メートル平泳ぎで銀の木村敬一選手(31)=栗東市出身=が十八日、県庁を訪問し、新設の県民栄誉賞を受けた。
 県民栄誉賞は、...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

滋賀の新着

記事一覧