本文へ移動

日本ダービーは5月29日、有馬記念は12月25日に開催、来年度の重賞日程を発表【JRA】

2021年10月18日 22時15分

このエントリーをはてなブックマークに追加
JRA

JRA

 JRAは18日、来年度の重賞などの日程を発表した。開催初日は例年通り1月5日。年末最後は12月28日でG1はホープフルSが中山で行われる。日本ダービーは5月29日に東京で、有馬記念は12月25日に中山でそれぞれ開催される。
 月曜日の祝日を利用して行われる3日間開催は、1月8日~10日、3月19日~21日、9月17日~19日、10月8日~10日の計4回。京都競馬場の整備工事が23年3月まで続くため、天皇賞・春、秋華賞、菊花賞、エリザベス女王杯、マイルCSのG15レースは今年と同様、阪神に振り替えて実施される。
 また、夏季競馬は暑熱対策の観点から、7月30日~8月7日までの2週間を札幌と新潟の2場開催で実施。今年は東京五輪の影響で札幌、函館、札幌の順だった北海道開催は、例年通りに函館、札幌の順になる。
 重賞として新設された葵S(重賞)は、日本グレード格付管理委員会にG3格付けを申請する。承認の可否は1月の予定で、承認を得られれば新たに格付けを行う予定となっている。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ