本文へ移動

楽天ドラフト6位指名の早大・西垣が明大を完封『30イニング連続無失点』に伸ばす【東京六大学野球】

2021年10月18日 20時24分

このエントリーをはてなブックマークに追加
完封で連続無失点を30イニングにのばした早大の西垣雅矢

完封で連続無失点を30イニングにのばした早大の西垣雅矢

◇18日 東京六大学野球 早大3―0明大(神宮)
 早大が明大に3―0で連勝し、開幕連敗から4勝2敗2分けのポイント5に盛り返して優勝への望みをつないだ。楽天からドラフト6位指名された西垣雅矢投手(4年・報徳学園)は完封勝ちで30イニング連続無失点とした。
 辛口の指揮官も合格点を出した。西垣は制球も良く、8安打無四球で完封。フォークもうまく使って11三振を奪った。立大戦の途中から続く連続無失点も30イニングに伸ばし、「思った通りにコントロールができていて、打者を見て投げられました」と胸を張った。
 夏のオープン戦で自己最速を更新する150キロをマーク。開幕カードの立大戦は、その勢いで押して3点を失った。「140キロ後半が出ても打たれると分かった」と緩急も使って打者のタイミングを外すスタイルに切り替え、0―0で引き分けた法大戦も含めて“3完封”。小宮山悟監督(56)は「コツみたいなものをつかんだ。プロに出して恥ずかしくないレベルになった」と褒めたたえる。右腕に引っ張られ、チームも優勝争いに加わった。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ