本文へ移動

相葉雅紀、共演・司会者から祝福の嵐 「こんな場ですみません」と恐縮 テレ朝系ドラマ「和田家の男たち」会見

2021年10月19日 05時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
出演するドラマ「和田家の男たち」について話す相葉雅紀

出演するドラマ「和田家の男たち」について話す相葉雅紀

 アイドルグループ「嵐」の相葉雅紀(38)が18日、東京都内でテレビ朝日系の主演ドラマ「和田家の男たち」(22日スタート、金曜午後11時15分)のPR会見に出席した。先月28日に一般女性との結婚を発表後、取材陣の前に登場するのは初めて。会見冒頭、進行役の下平さやかアナウンサー(48)の祝福に続き、共演の段田安則(64)と佐々木蔵之介(53)も劇中の役になりきって段田は相葉の祖父、佐々木は父として相葉にお祝いメッセージを贈った。
 「まずは相葉さん、このたびはご結婚おめでとうございます!」。相葉と段田、佐々木の3人が登場するやいなや、下平アナが祝福すると会場に大きな拍手が響き渡った。相葉は照れながら「ありがとうございます。精いっぱいこれからも応援していただけるように頑張りますのでどうぞよろしくお願いします。こんな場ですみません」と恐縮しながらあいさつした。
 すると下平アナが「ドラマの場でお伺いするのはどうかと思ったのですが、国民的ニュースということでご了承ください」と大反響ぶりを強調した上で「お父さまとおじいさまにもお言葉を頂戴してよろしいですか?」と段田と佐々木に水を向けた。
 ドラマは、ネットニュース記者として新たな道を歩むことになった主人公の和田優(相葉)が、亡き母の再婚相手でテレビ局の報道番組プロデューサーを務める義父(佐々木)の秀平と、その父で義理の祖父にあたる新聞記者の寛(段田)とともに、独身男だらけの和田家三世代3人暮らしをスタートさせるという筋立て。
 私生活でも「独身最後の砦(とりで)」「最後の独身大物俳優」などと呼ばれている佐々木は「和田家の長男がステキな花嫁を得て、父としては新しい家族が増えて、この作品でますます頑張って稼いでいただいて、和田家を楽にしてほしいなと思っています。おめでとうございます」と秀平としての立場でお祝いした。
 段田が演じる寛は、妻を亡くして以来女性の影が絶えないという設定。「(相葉が演じる〝孫〟に)このたび新しい奥さんが来るってこんなにうれしいことはない。できれば私にも幸せが来るようにと願っています」と流れに乗っかった上で「相葉さん、本当におめでとう」と個人的な祝福メッセージも添えた。
 嵐の盟友・櫻井翔(39)との同時結婚発表という衝撃のニュースからまもなく3週間となるが、ネットニュースはまだまだこの話題でバズりそうだ。
◇華麗なターン披露
 ○…相葉にとって連続ドラマの主演は3年ぶり。撮影現場の雰囲気を問われると、2度目のタッグとなる深川栄洋監督について「僕が考えもしなかった方に引っ張ってくれる。『楽しくなって楽しくなってここでターンしてみようか?』とか」と打ち明けた。第1話では実際にその場面が使われている。
 「(嵐の活動)休止後初ターンでしたね」と振り返る相葉に、段田が「時々ターンしたくなるものなの? 小耳に挟んだんだけど、家でもターンしてるって?」とニヤリ。相葉は「そうですね、ターンしたくなったときはしてします」と返して笑わせた。会見終了後のフォトセッションでも、記者のリクエストに応えて華麗なターンを披露した。
◇正門はかわいい!
 ○…相葉が演じる優が勤務するネットニュース媒体の上司でありながら、大学時代はサークルの後輩だった編集部員・三ツ村翔星役を、関西ジャニーズJr.グループ「Aぇ!group」の正門良規(24)が演じている。
 初共演となる正門について相葉は「最初会ったときは10代かなというくらいフレッシュでとにかくかわいいです。セリフの入りもすごいし、監督の要望に応えながら闘っている姿がまたかわいかった。すごくしっかりした子です」と高く評価した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ