本文へ移動

オールラウンダー畠田瞳が個人総合暫定3位「自分の体操は個人総合で活躍していくスタイル」【世界体操】

2021年10月18日 20時07分

このエントリーをはてなブックマークに追加
床運動の演技をする畠田瞳

床運動の演技をする畠田瞳

 体操の世界選手権が18日、北九州市立総合体育館で開幕。日本勢で唯一4種目全てに出場した東京五輪代表の畠田瞳(21)=セントラルスポーツ=は、トータル53・798点で個人総合暫定3位の好位置につけた。
 「最初の段違い平行棒で勢いがついた。ゆかも『はまったな』という演技だった」。段違い平行棒の13・933を筆頭に安定感のある演技でまとめた。個人総合の決勝は21日。「自分の体操は個人総合で活躍していくスタイル」とオールラウンダーとして一気に飛躍を期す。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ