本文へ移動

中日・清水が3イニング無失点5Kも「課題をつぶすことができなかった」としっかり反省【フェニックス・リーグ】

2021年10月18日 19時02分

このエントリーをはてなブックマークに追加
西武戦に先発した清水

西武戦に先発した清水

◇18日 フェニックス・リーグ 中日4―0西武(南郷)
 中日の清水達也投手(21)がフェニックス・リーグ初登板。先発で3イニングを投げ無安打無得点に抑えた。
 初回は2四死球を与えるなど2死二、三塁のピンチを招いたものの、最後は愛斗をフォークで空振り三振。計5奪三振の力投にも「フェニックスの課題をつぶすことができなかった。カーブでカウントを取ることであったり…。投げている球は良くなってきているので良い点、悪い点をしっかり反省したい」と気を引き締めた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ