本文へ移動

【阪神】4試合ぶりスタメン復帰の佐藤輝が先制のホーム踏む、二塁打とエラーで三塁に進むと坂本の中犠飛で生還

2021年10月18日 18時56分

このエントリーをはてなブックマークに追加
阪神・佐藤輝明

阪神・佐藤輝明

◇18日 阪神―広島(甲子園)
 阪神の佐藤輝明外野手(22)が先制の1点を引き寄せた。「7番・右翼」で4試合ぶりにスタメン復帰し、3回先頭の第1打席で広島・九里の126キロ変化球をジャストミート。右中間へライナー性の打球を放つと、右翼の鈴木誠が打球処理にもたつく間に一気に三塁に到達した。
 記録は二塁打と鈴木誠の失策。無死三塁のチャンスをつくると、次打者・坂本の中犠飛で先制のホームを踏んだ。このところ先発マスクを任されている坂本は「相手よりも先に点が欲しかったので犠牲フライですが、先制点を取ることができて良かったです」とコメント。逆転Vは風前のともしびながら、佐藤輝の安打から流れをつかんだ。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ