本文へ移動

【Bリーグ】シーホース三河、17点差追い付き劇的3連勝 今季初のオーバータイム制す

2021年10月18日 14時02分

このエントリーをはてなブックマークに追加
19得点10リバウンドでダブルダブルのシェーファー アヴィ幸樹選手

19得点10リバウンドでダブルダブルのシェーファー アヴィ幸樹選手

  • 19得点10リバウンドでダブルダブルのシェーファー アヴィ幸樹選手
  • スティールからダンクを叩き込んで連続得点の西田 優大選手
◇17日(日) Bリーグ1部3節 三河98 - 96群馬(太田市運動公園市民体育館)

シーホース三河アウェーゲーム3節
群馬クレインサンダーズ戦

 群馬戦は2戦続けて大接戦に。リベンジに燃える群馬に一時は17点のリードを許すも、4Q終盤に追いついてOTに突入。98-96で群馬を振り切り、3連勝を飾った。19得点10リバウンドでダブルダブルのシェーファー、ガードナー、コリンズワース、ユトフ、西田の5人が二桁得点と攻守に全員バスケを貫き、激闘を制した。

◆1Q
群馬 32–22 三河
17点ビハインドも、シェーファー 11得点で追撃

スターティング5は、#5コリンズワース、#14ユトフ、#18角野、#19西田、#32シェーファー。

雪辱に燃える群馬の勢いに押され、開始2分半で14-2と走られる。#14ユトフ、#32シェーファー2本の 3連続3Pシュートで反撃するも、群馬の得点を止められず、点差が広がっていく。

最大17点のビハインドを背負うが、#32シェーファーが果敢なドライブでバスケットカウントをもぎ取り、続くディフェンスではブロックショットで群馬の得点機会を阻止してチームに勢いをもたらすと、残り1分から#7長野のドライブ、#54ガードナーのフェイダウェイで10点差まで追い上げる。

◆2Q
群馬 49–42 三河(群馬 17–20 三河)
射程圏内に捉えて後半へつなぐ

スタートは、#3柏木、#5コリンズワース、#7長野、#32シェーファー、#54ガードナー。

1Qに続き、#32シェーファーが躍動。開始早々ミドルシュートを沈めると、#5コリンズワースのファストブレイクのリバウンドを押し込んで連続得点。その後は#54ガードナーを起点にしたオフェンスを展開。#5コリンズワースのダンクをお膳立てすると、開始3分には自らターンシュートを沈めて、瞬く間に2点に詰め寄る。

群馬#12バルヴィン、#4ジョーンズの得点で再び9点差まで離されるが、#14ユトフのオフェンスリバウンドを#19西田が射抜き、さらにスティールから#19西田がダンクを叩き込んで連続得点。終盤まで群馬が離しては三河が詰め寄る一進一退の展開が続き、7点ビハインドで後半へ。

◆3Q
群馬 70–59 三河(群馬 21–17 三河)
追い上げては突き放され、点差を11点に広げられる

スタートは、#5コリンズワース、#14ユトフ、#18角野、#19西田、#32シェーファー。

後半は一転して守り合いとなる。立ち上がりの約2分間両チームともにスコアが動かない中、リバウンドから走る展開に持ち込み、#18角野、#5コリンズワースが得点を重ねる。

何度も1、2ポゼッション差まで迫りながら、逆転には至らない我慢の時間が続き、残り3分に群馬#15 チェンバースの3Pシュートでまたしても二桁ビハインドを背負う。#54ガードナーのフリースロー、#3柏木の3Pシュートで食らいついたが、二桁点差のまま最終Qを迎える。

◆4Q
群馬 86–86 三河(群馬 16–27 三河)
西田が攻守に値千金のプレー、今季初のオーバータイムへ突入

スタートは、#3柏木、#7長野、#14ユトフ、#32シェーファー、#54ガードナー。

開始2分、群馬#30山崎の3Pシュートで77-61と点差を16点に広げられる。それでも#14ユトフがセカンドチャンスから粘り強くゴール下をねじ込んで、続くディフェンスでもルーズボールにダイブしてあきらめない姿勢を示す。それにチームメイトも呼応し、#19西田のドライブ、#5コリンズワースのバスケットカウントなどでじわじわと点差を縮め、#19西田のゴール下で7点差に迫ってオフィシャルタイムアウトを迎える。

全員がオフェンスリバウンドで集中力を発揮し、残り3分半にはセカンドチャンスを#54ガードナーが、その1分後には#18角野が得点に結びつけ、78-81と3点差に肉薄する。残り2分、#19西田が相手のPGに激しくプレッシャーをかけてボールを奪取。これを#5コリンズワースがダンクで叩き込んで1点差に。残り36秒、スクリーンを使ってマークを剥がした#19西田がリングに向かって一気に加速。ダブルクラッチで押し込み、この試合初めてリードを奪う。群馬#7五十嵐に3Pシュートで返上されるが、#54ガードナーのドライブで追いつき、今季初のオーバータイムにもつれこんだ。
◆OT1
群馬 96–98 三河(群馬 10–12 三河)
勝負強さを発揮し、3連勝を達成

スタートは、#5コリンズワース、#14ユトフ、#18角野、#19西田、#32シェーファー。

#32シェーファーのスティールから#54ガードナーがバスケットカウントで先制。#18角野がフローター、#54ガードナーがパワーアタックで続き、#5コリンズワースのドライブに#32シェーファーが合わせて5点リードを奪う。残り12秒、群馬#4ジョーンズのドライブで1点差とされるが、ファウルゲームを乗り切り、98–96で勝利。今季初の同一カード2連勝を飾った。



■シーホース三河 鈴木 貴美一 ヘッドコーチ 試合後コメント
「昨日、自分たちが勝ったということもあり、群馬さんがすごくエナジーを出してきて最初からシュートを決められてしまい、自分たちのディフェンスも手を替え品を替えでいろいろなことをやってみたのですが、なかなか追いつくことができませんでした。4Qの途中まで最大16点差離れていましたが、ディフェンスをマンツーマンに戻してなんとか追いついて、やっとの思いで勝つことができました。群馬さんもオフェンス能力のある非常にいいチームで、我々も2日間で色々なことが勉強になりました。まだまだシーズンは始まったばかりなので、これからも自分たちのバスケットができるように頑張りたいと思います。」


(シーホース三河のプレスリリースから)

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ