本文へ移動

「握手は自粛」「手袋でビラ」 コロナ下の集票手探り

2021年10月18日 16時00分 (10月18日 16時48分更新)
人が出入りするたびに除菌を徹底する事務所スタッフ=愛知県安城市で(福沢和義撮影)

人が出入りするたびに除菌を徹底する事務所スタッフ=愛知県安城市で(福沢和義撮影)

  • 人が出入りするたびに除菌を徹底する事務所スタッフ=愛知県安城市で(福沢和義撮影)
  • 入り口にビニールカーテンを設け、換気を良くした事務所=岐阜市で
 十九日に公示される衆院選で、東海地方の立候補予定者らが、新型コロナウイルスの感染対策に神経をすり減らしている。街頭や集会で「密」の回避を徹底しているが、民意をくみ取りづらいとの悩みも。各陣営は有権者の“体温”を肌で感じるため、知恵を絞っている。(望月海希、藤原啓嗣、福沢和義)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

衆院選2021
衆院選2021

関連キーワード

おすすめ情報