本文へ移動

子ども歌舞伎の稽古大詰め 30日、長浜小150周年記念で上演

2021年10月18日 05時00分 (10月18日 16時23分更新)
「傾城阿波の鳴門 どんどろ大師の場」の稽古に励む児童=長浜市の長浜小で

「傾城阿波の鳴門 どんどろ大師の場」の稽古に励む児童=長浜市の長浜小で

 長浜市の長浜小学校の六年生が、子ども歌舞伎の本番を三十日に控え、六月から積んできた稽古の大詰めを迎えている。歌舞伎は学校の創立百五十周年を記念した事業の一環。役者の児童ら三十三人は今後ほぼ毎日稽古に励み、演技を磨く。 (川添智史)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

滋賀の新着

記事一覧