本文へ移動

【中日】ドラフト1位・ブライト健太、足のサイズびっくり30センチ! プレーも成績もビッグな選手を目指します

2021年10月18日 06時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
30センチのスパイクを手にするブライト健太

30センチのスパイクを手にするブライト健太

 中日からドラフト1位指名を受けた上武大のブライト健太外野手(22)が17日、足の大きさが驚愕(きょうがく)の30センチだと明かした。そのびっくりサイズぐらいのビッグな選手になる!
 見るからに大きさが違った。試合後の囲み取材で手にしていたスパイクのサイズは何と30センチ。正津アマスカウトも「30センチはすごいね。なかなか聞いたことない」と驚きを隠さなかった。
 その大きさはもともと規格外だった。小学6年生で既にサイズは29センチ。本人も「めっちゃでかかったです」と笑いながら振り返る。小学校の卒業式に父の30センチの革靴を履いて参加したのは思い出だ。
 現在は店舗にサイズがないことが多く、インターネット通販での購入がメイン。「ネットだと安く買えたりするから、それはいいことかも。でも試し履きができないのが…。特に横幅が狭いので30センチに合わせると広くなってしまうので、試し履きしたいなと思います」と苦労する一面も。プロになると自分に合った道具を注文することになるが「それすごい楽しみです。いろいろこだわってみたい」と目を輝かせた。
 この日の平成国際大とのリーグ戦は代打で出場し2打席立つも、1度もバットを振ることなく2四死球。けがの具合が心配された走塁では「100%ではないが、だいぶ順調です」と良好な経過をうかがわせた。チームは4―1で勝利。リーグ戦上位2チームが出場できる関東選手権への切符をつかみ、目標の大学日本一に一歩近づいた。
 12日の指名あいさつでは「チームの中心選手として日本一になりたい。将来的にはトリプルスリーのような素晴らしい数字を残したい」と口にしたが、その大きな足で、でっかい夢へと突き進む。
おすすめ情報

News最新ニュース

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ