本文へ移動

七尾市 盤石レース 全能登駅伝5連覇

2021年10月18日 05時00分 (10月18日 10時51分更新)
優勝を決め、選手らに胴上げされる七尾市の菊川武志監督=七尾市大手町で

優勝を決め、選手らに胴上げされる七尾市の菊川武志監督=七尾市大手町で

 選手層が厚く盤石の強さを見せた七尾市が五連覇−。十七日に輪島市−七尾市の十区間、56・1キロで開かれた第六十一回全能登駅伝競走大会(北陸中日新聞など主催)はコロナ禍のレース。選手確保や事前練習に影響が出たチームも多かったが、直前の選手負傷で棄権した珠洲市を除く六郡市七チームの計七十選手が出場。感染防止に努めつつ、郷土の誇りをかけて能登路を駆け抜けた。(日暮大輔、稲垣達成、大野沙羅)

関連キーワード

おすすめ情報