本文へ移動

<すいスイっと> (29)@名港水族館 アカモンガラ 吸血鬼もびっくり!?

2021年10月18日 05時00分 (10月18日 05時00分更新)
 赤く鋭い二本の牙がギラリ。キャーッ、吸血鬼? いえいえ、ここはサンゴ礁大水槽。魚のドラキュラと呼ばれることもあるけれど、ハロウィーンの仮装ではございません。
 この歯は、餌のエビやカニにしっかりかみつくのにぴったり。逃がさないんだ。縄張り意識が強く、近づいてきたら飼育員さんのブーツだってつっつくよ。飼育員さんはかまれないように気をつけているみたい。
 体は黒っぽい紫色。背びれと尻びれを動かして水槽内をすいすい泳いでいるよ。似た魚も多いので、赤い歯に注目してね。見つけてくれなきゃ、いたずらするぞ。
 (写真・森研人、文・今井智文)

 アカモンガラ フグ目モンガラカワハギ科。相模湾より南の日本周辺や、西太平洋などのサンゴ礁などに生息し、時には大群をつくって泳ぐ。体長は最大30センチほどになる。和名は「アカモンガラ」となるはずが、脱字があってそのまま定着したという説もある。


中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

愛知の新着

記事一覧