本文へ移動

【ロッテ】佐々木朗希 あと2試合先発を井口監督示唆「普通にいけば朗希は2回投げます」

2021年10月18日 06時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
ロッテ佐々木朗

ロッテ佐々木朗

 ロッテの井口資仁監督(46)が17日、16年ぶりのリーグ優勝を懸けた残り8戦のうち2戦に高卒2年目右腕・佐々木朗希投手(19)を先発で送り込む見通しを示した。
 「普通にいけば朗希は2回投げます。あと、石川と小島と…。もう総力戦ですね」。この日のソフトバンク戦(ZOZOマリン)の雨天中止が発表された直後に代表取材に応じ、終盤戦で投入する先発投手陣を示唆した。
 17日に先発する予定だった美馬は18日の西武戦(メットライフドーム)にスライド登板することが決定。19日のソフトバンク戦(ペイペイ)は今季10勝の左腕・小島が投げるとみられる。20、21日は試合がなく、23、24日の日本ハム戦(ZOZOマリン)は石川と佐々木朗が予想される。今季最終カードとなる29、30日の日本ハム戦(ZOZOマリン)も中5日で2人を投入する可能性がある。
 25日に振り替えられたソフトバンク戦は先発4連勝中の1年目右腕・河村を送り込む計画。当初は18日に先発する準備を進めていたが、美馬がスライドすることで登板が丸1週分ずれる形となる。27日の楽天戦(楽天生命パーク宮城)は順当ならば小島で、16日のソフトバンク戦(ZOZOマリン)で打ち込まれ、2回途中降板となった二木のシーズン中の先発はなくなったようだ。
 球団51年ぶりに点灯した優勝マジックはオリックスが敗れたため「7」に減ったが、是が非でも消してはならない。あくまで残り試合は全勝する構えだ。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ