本文へ移動

那須川天心とガチ空手バトルしていたボクシング女子 東京五輪銅の並木月海「いつか天心ぶっ倒したい」

2021年10月17日 20時10分

このエントリーをはてなブックマークに追加
並木月海

並木月海

 東京五輪ボクシング女子フライ級銅メダリストの並木月海(23)が17日のフジテレビ系「ジャンク SPORTS 東京五輪初出しネタ連発SP」に出演。幼なじみでキックボクシングの世界チャンピオン那須川天心(23)と幼少期に見せた「ガチ空手バトル」の映像を公開した。
 千葉県成田市出身の並木は幼少期から空手やキックボクシングにも取り組む「格闘技女子」。当時通っていたキックボクシングのジムの会長には「いつか天心をぶっ倒したい」と話していたという。
 幼稚園時代に空手で対戦した映像では、那須川が跳び蹴りやハイキックを繰り出せば、並木が那須川の顔面めがけてキックするなど一歩も引かないバチバチの激しいバトルを展開。判定負けしたという並木は「今見たら意外といい試合をしてた」と感想を語り、那須川から「(ポイント重視のアマチュアボクシングで)倒しに行くパワフルな戦い方でびっくりしました。正直幼なじみがメダルを取るとは想定してませんでした! 今度メダルかじらせてね!!」とのメッセージが紹介されると笑顔を見せた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ