本文へ移動

「もう運を使い果たしました。出来過ぎ」富山商逆転勝ちで4強 昨秋大敗の星稜と再戦へ【高校野球】

2021年10月17日 19時14分

このエントリーをはてなブックマークに追加
投打で活躍した富山商の前田隼弥投手

投打で活躍した富山商の前田隼弥投手

◇17日 高校野球 秋季北信越大会 準々決勝 富山商4―3都市大塩尻(長野県松本市・しんきん諏訪湖スタジアム)
 富山商(富山3位)は逆転勝ちで4強入りを決めた。「4番・投手」の前田が打っては4安打、投げては3失点完投の活躍。これで春秋の北信越大会では2014年春以来となる決勝進出へあと1勝と迫った。
 前崎監督は「もう運を使い果たしました。出来過ぎ」と謙遜。前田は昨秋の北信越大会で星稜に0―17の大敗しているだけに、再戦となる石川第1代表との準決勝(23日・長野県松本市野球場)に向け「やり返したい」と雪辱を誓った。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ