本文へ移動

1回戦ハットの名古屋・シュビルツォク、準々決勝では無得点…流れつかめず【ACL】

2021年10月17日 18時47分

このエントリーをはてなブックマークに追加
名古屋・シュビルツォク(AP)

名古屋・シュビルツォク(AP)

◇17日 アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)準々決勝 浦項3―0名古屋(韓国・全州ワールドカップスタジアム)
 決勝トーナメント1回戦の大邱戦(豊田ス)でハットトリックを達成したFWシュビルツォクだったが、この試合では無得点に終わった。
 前半30分、DF森下の左からの折り返しをペナルティーエリア中央で受けたがシュートはクロスバーの上。同32分にもFWマテウスのスルーパスを受け、相手GKと1対1になったが、グラウンダーのシュートは、走り込んできた相手DFにはじかれた。名古屋ペースに進んだ時間帯だったが、流れをものにできなかった。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ