本文へ移動

【オリックス】竹安大知 中6日で4回もたず4失点「粘り切れず申し訳ない」と言葉少な

2021年10月17日 17時26分

このエントリーをはてなブックマークに追加
オリックス・竹安

オリックス・竹安

◇17日 日本ハム―オリックス(札幌ドーム)
 オリックスの先発・竹安大知投手(27)は4回途中で降板した。中6日の登板で3イニング3分の1を投げて5安打4失点という結果に「(4回は)同点に追いついた直後のイニング。何とか頑張らなければいけなかったが、粘り切れず申し訳ない」と言葉少なだった。
 逆転Vには負けられない試合が続くが、2回にR・ロドリゲスの適時打で1点を先制されると、同点で迎えた4回には王柏融に勝ち越しのソロアーチを浴びた。さらに2四球を与えて交代。リリーフした山田が浅間の適時打、西川の左犠飛で傷口を広げた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ