本文へ移動

演歌歌手の川野夏美ソロ2年ぶりコンサート ギター弾き語りにも初挑戦

2021年10月17日 18時30分

このエントリーをはてなブックマークに追加
川野夏美

川野夏美

 演歌歌手の川野夏美(41)が17日、東京・江東区のティアラこうとうで「川野夏美コンサート2021」を開いた。
 予定していた公演がコロナ禍で延期や中止になり、ソロとしては2年ぶりのコンサートになった。ロック調の新曲「想い千すじ」をはじめ、この1年半の“充電期間中”に猛レッスンを重ねたというギターの弾き語りにも初挑戦。新たな魅力をアピールするステージでファンを喜ばせた。
 ステージは「歌手~Singer~」でオープニング。この日のために新調した紫や真っ赤なドレス姿などでも魅了しながら、カバーソングを含む全14曲を熱唱した。
 本番を前に取材に応じた川野は「久しぶりにお客さまに会えるコンサートで、リハーサルから胸に込み上げてくるものがありました。お客さまに少しでも楽しんでもらえるステージになるように頑張ります!」と笑顔で話した。
 初挑戦したギターの弾き語りでは代表曲の「勿忘草」と「悲別~かなしべつ~」を披露。「レパートリーを増やして、フォークソングにも挑戦してみたいです!」と意気込んだ。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ