本文へ移動

オリックス2位野口智哉が史上31人目の通算100安打 最多記録は田口壮の123本、大台超えは辰己涼介、片岡篤史などそうそうたるメンバー【関西学生野球】

2021年10月17日 15時22分

このエントリーをはてなブックマークに追加
通算100安打を達成した関西大・野口

通算100安打を達成した関西大・野口

 オリックスからドラフト2位指名された関西大の野口智哉遊撃手(4年、鳴門渦潮高)は17日、関西学生野球秋季リーグ戦の対同志社大2回戦(ほっともっとフィールド神戸)で2安打を放ち、史上31人目の通算100安打を達成した。
 今季は「3番」を任されていた野口が、リーグ戦で初めて「1番」として出場した。
 「達成しろという意味の1番だったので、期待に応えられて良かったです」。あと2安打で迎えたリーグ戦の最終戦。1回は遊直、4回は先頭で直球を中前打。6回は1死走者なしで、先発した186センチ右腕の真野凜風(まの・りんか)投手(2年、天理高)のフォークを左前打した。
 「ひと安心というのはあります。1打席目に、正面でしたが、いい当たりが打てたので、きょうはいけるかな、と思いました」
 そのポジティブ思考がプレッシャーをはねのけた。ネット裏で視察したオリックスの谷口悦司スカウトは「プロでも、きょうのような打撃でヒットを打てると思う」と期待感を口に。記録を達成する一方、悔いを残す打席もあった。1点差に迫った7回1死満塁のチャンスで遊飛。この逸機が響き、連敗で今秋リーグ戦の全試合を終えた。
 「あそこで打てないところが、まだまだ。次は関西代表決定戦で、ああいうところで1本出せるようにしたい」
 同リーグの通算最多安打記録は、関西学院大の田口壮(現オリックス外野守備走塁コーチ)の123本。100安打は122本の立命館大・辰己涼介(現楽天)、114本の近畿大・二岡智宏(現巨人3軍監督)、107本の近畿大・小深田大翔(現楽天)、100本の同志社大・片岡篤史(元阪神など)らが達成している。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ