本文へ移動

【中日】3位指名、火の国サラマンダーズ・石森大誠「投手は自分一人だけ…うれしかった。目標は新人王」精鋭そろう救援陣に割って入る

2021年10月17日 13時12分

このエントリーをはてなブックマークに追加
中日からドラフト3位で指名された火の国サラマンダーズの石森大誠投手、左はマスコットのさら丸

中日からドラフト3位で指名された火の国サラマンダーズの石森大誠投手、左はマスコットのさら丸

 中日からドラフト3位で指名された火の国サラマンダーズの石森大誠投手(23)が17日、熊本市内で中日の松永幸男編成部長らから指名あいさつを受けた。救援左腕として期待される石森は「目標は新人王。即戦力としてチームを引っ張る選手になりたい」と活躍を誓った。
 今回のドラフトで、中日が指名した投手は石森だけ。「自分一人だけと聞いたことはうれしかった」と球団からの期待の大きさに表情を崩した。
 ソフトバンクなどで歴代9位の通算182セーブを挙げた馬原孝浩監督(39)の指導で、フォークなど変化球の鋭さを増した。今季、独立リーグの九州アジアリーグでは36試合に登板し、2勝1敗19セーブ、防御率0・94と圧巻の内容。36イニング1/3を投げ63三振を奪い、奪三振率は驚異の15・61を誇る。
 担当の三瀬スカウトは「緩い球を投げた印象がない。馬原監督の通算セーブ数を超えてほしい」とエールを送る。石森も「通算セーブ数を超えることができれば、馬原監督へ良い恩返しになると思う」と精鋭ぞろいの中日救援陣に割って入る意気込みだ。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ