本文へ移動

【中日】2軍監督は片岡篤史さんの就任有力 立浪和義さんのPL時代チームメートに若手育成託す

2021年10月17日 05時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
片岡篤史さん

片岡篤史さん

 中日の来季2軍監督に野球評論家の片岡篤史さん(52)の就任が16日、有力となった。中日は来季の監督として立浪和義さん(52)に就任を要請しており、さらに1、2軍首脳陣の選任を進める。
 片岡さんは現役時代は日本ハム、阪神に在籍し、通算1425安打をマークした左の巧打者。引退後は2010―12年、16―18年に阪神の打撃コーチを務め、18年にはヘッドコーチを兼任と指導者としての経験も積んでいる。立浪さんとは大阪・PL学園高で1987年の甲子園春夏連覇を達成した際のチームメートで気心も知れている。
 今季中日は打率、本塁打、得点がリーグワースト。得点力不足を解消するには若手の底上げが不可避。根尾、石川昂、石垣、さらにはドラフトで指名したブライト健太(上武大)、鵜飼(駒大)ら好素材はそろっているだけに若手野手の底上げが期待される。
▼片岡篤史(かたおか・あつし) 1969年6月27日、京都府生まれの52歳。右投げ左打ち。PL学園高から同大を経て92年ドラフト2位で日本ハムに入団。02年FAで阪神に移籍。通算成績は1569試合、1425安打、164本塁打、717打点、打率2割7分。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ