本文へ移動

村の魅力、海外発信に意欲 「大桑焼」作る協力隊員・奥野宏さん

2021年10月17日 05時00分 (10月17日 05時00分更新)
大桑焼を手にする奥野さん=大桑村長野で

大桑焼を手にする奥野さん=大桑村長野で

  • 大桑焼を手にする奥野さん=大桑村長野で
  • 作陶に励む奥野さん(2017年ごろ)=メキシコで
 大桑村の地域おこし協力隊員奥野宏さん(37)は、メキシコで10年ほど陶芸作家として活動した後、昨年5月に着任した。木工担当として村の木材の活用を考えながら、村の土を使った焼き物を「大桑焼」と名付けて制作に励む。村内に古民家を購入してギャラリー兼住居への改修も進めており、「村の魅力発信の場になれば」と意気込んでいる。 (生田貴士)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報