本文へ移動

DeNAドラ1・小園から「エース」引き継いだ市和歌山・米田天翼が10奪三振1失点で完投【高校野球・近畿大会】

2021年10月16日 21時06分

このエントリーをはてなブックマークに追加
市和歌山・米田

市和歌山・米田

◇16日 高校野球 秋季近畿地区大会1回戦(大津市の皇子山球場)
 第1試合は、市和歌山(和歌山1位)が神戸学院大付(兵庫2位)に2―1と接戦を制した。DeNAにドラフト1位指名を受けた小園健太投手から「エース」の称号を継承した市和歌山の米田天翼(つばさ)投手(2年)が7安打、10奪三振の1失点で完投した。
 第2試合は、天理(奈良3位)が滋賀学園(滋賀2位)を延長10回に1点を勝ち越して、3―2で振り切った。
 第3試合は、大阪桐蔭(大阪1位)が塔南(京都2位)に7―0の7回コールドで勝った。初回に4長短打を集中して一挙5点。終始、優位に試合を進め、投げては背番号「14」の1年生左腕、前田悠伍投手が7イニングを2安打、6奪三振の無失点に封じた。
 勝った3校は来春センバツ出場へ一歩前進。それぞれ準々決勝に進出した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ