本文へ移動

【オリックス】モヤが山本の負け消した「同点のタイムリーになってくれてよかったよ!」

2021年10月16日 18時33分

このエントリーをはてなブックマークに追加
8回、同点の適時打を放ちタッチを交わすオリックスのモヤ

8回、同点の適時打を放ちタッチを交わすオリックスのモヤ

◇16日 オリックス1―1日本ハム(札幌ドーム)
 オリックスのスティーブン・モヤ外野手(30)が劣勢の試合をドローに持ち込んだ。1点を追う8回2死一、二塁。左腕・堀からセンター左へ同点タイムリーヒットを放った。
 「こういう展開のゲームだったし、とにかく追い付くことを意識していたから、何とか同点のタイムリーになってくれてよかったよ!」
 開幕4番を務めた助っ人が6試合ぶりの打点。山本の負けを消し、その連勝記録も継続させた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ