本文へ移動

【ロッテ】2桁失点の大敗に井口監督「これは切り替えるしかない」 マジックは『8』で足踏み

2021年10月16日 18時11分

このエントリーをはてなブックマークに追加
ロッテ・井口監督

ロッテ・井口監督

◇16日 ロッテ4―10ソフトバンク(ZOZOマリン)
 現在2位ながら優勝マジックが点灯しているロッテは大敗した。2桁失点は今季7度目。この日は首位・オリックスが日本ハム戦に引き分けたため、マジックは「8」のままとなった。
 初回にブランドン・レアード内野手(34)、山口航輝外野手(21)による2者連続アーチで3点を先制したものの、先発登板した二木康太投手(26)が2回に崩れ、柳田に逆転3ランを打たれるなどして計5失点でKO。中継ぎ陣も失点を重ねた。
 この日は両軍から3本塁打ずつ計6発が飛び出す空中戦に。3回にはロッテ・中村奨のソロ本塁打で1点差に縮めたものの、逆転された後に得点が続かず劣勢をはね返すことができなかった。
 井口資仁監督(46)は「初回にいい形でいけましたし、その後も追加点はあったが、元気がなくなってしまった。これは切り替えるしかない」と前を向いた。
 ロッテの優勝は最短で23日にずれ込んだ。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ