本文へ移動

あれから、もう1年…デアリングタクトは現在リハビリ中 また一緒に大舞台に挑めれば【松山弘平コラム】

2021年10月17日 07時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
松山弘平

松山弘平

 あれから、もう1年。デアリングタクトとのコンビで、史上初の無敗牝馬三冠を決めた昨年の秋華賞は、今でも鮮明に覚えているレースです。負けてはいけない立場で、結果を出すことができたという経験は、自分にとって、とても大きな財産となっています。デアリングタクトは現在、復帰に向けてリハビリ中。また一緒に大きな舞台に挑めればいいなと思っています。
 日曜は阪神で10鞍の依頼を頂きました。1Rのストームゾーンはダートが合いそうですし、変わり身を期待。2Rのマーブルケイケーは距離短縮がどうか。4Rのヴェクトライズはダートが合っていますが、使いつつのタイプかも。8Rのスペースクラフトは前走、もまれずうまく運べた印象なので、昇級戦の今回は、まずはめどが立てばという気持ちです。
 9Rのショウナンマッハはうまく折り合ってためが利く競馬ができるようなら、距離克服の可能性はありそう。11Rのアールドヴィーヴルは内過ぎず、外過ぎず、いい枠を引けたと思います。展開の助けは必要ですが、状態はいいので、一発を狙う競馬を。12Rのユアヒストリーは連闘だけに状態が心配ですが、この舞台は合っています。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ