本文へ移動

【DeNA】山崎康晃「試合の最後を締めたい」フェニックス・リーグから合流、残り7試合での再起誓う

2021年10月17日 05時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
1軍練習に合流したDeNA山崎

1軍練習に合流したDeNA山崎

 みやざきフェニックス・リーグに参加していたDeNAの山崎康晃投手(29)が16日、横浜スタジアムで行われた1軍指名練習に合流。残り7試合での再起を誓った。
 「今年はコンデショニング的にはずっとよくやっていて僕自身は悪くないと考えています。抹消となり、僕自身それをしっかり受け止めて調整するつもりでやってきました」と山崎。
 3試合連続の失点で10月1日に出場選手登録を抹消。14日、フェニックス(リーグ)の巨人戦で特別ルールの9回に登板、1イニング2安打1失点を終えての昇格を三浦監督は「予定通り」と説明した。
 山崎は「試合の最後を締めたいなという思いはあります。何とか最後のマウンドに立っていられるように、いずれはそういう目標を立てて頑張っていきたい」。7年間で400試合登板。170セーブの右腕は復活に向け意欲十分だった。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ