本文へ移動

【秋華賞】ユーバーレーベン「雨はうまい」と手塚師 牝馬2冠へ「阪神の内回りがポイント」

2021年10月16日 15時26分

このエントリーをはてなブックマークに追加
ユーバーレーベン

ユーバーレーベン

◇第26回秋華賞(17日・G1・阪神・芝2000メートル)
 牝馬2冠を狙うオークス馬ユーバーレーベンは午後1時45分に決戦の地、仁川に到着した。
 「いきなりのG1は簡単ではないが、追い切りを重ねるたびにさすがG1馬という雰囲気で、思っていた以上に上昇してきた。力差もそこまでないと思っている」と手塚師。続けて「阪神で戦ったのは阪神JFの一走だけ。その時は外回りでしたし、内回りがポイント。雨はうまいので大丈夫」と崩れそうな天候を歓迎した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ