本文へ移動

【MLB】KOの沢村拓一に米メディア容赦ない”口撃”「1日にタバコ2箱、ランチにバーボン、ブックメーカーに2300万円借りがあるように見えた」

2021年10月16日 15時20分

このエントリーをはてなブックマークに追加
KOされ浮かない表情の沢村(AP)

KOされ浮かない表情の沢村(AP)

◇15日(日本時間16日)MLBア・リーグ優勝決定シリーズ(LCS)第1戦 アストロズ5―4レッドソックス(ヒューストン)
 大リーグのポストシーズン(PS)は15日、レッドソックスの沢村拓一投手(33)がPS初登板。3―4と緊迫した8回に6番手でマウンドに上がったが、いきなり四球と安打で無死一、二塁とすると、送りバントしようとした捕手に死球をぶつけ、満塁。直後にセンターへ犠牲フライを打たれ、1失点で降板した。
 味方打線は9回に1点を返したが、そこまで。結局、沢村の失点が決勝点になり、米放送局WWLTVのマルブロー記者は「沢村は1日に2箱たばこを喫い、ランチにバーボンをあおり、ブックメーカーに20万ドル(2300万円)借りがあるように見えた」と辛口ツイートした。
 LCSは不振の救援右腕バーンズが登録メンバーから外れ、入れ替わりに沢村がメンバー入りしたため、スポーツサイトのオーバー・ザ・モンスターも「メンバー登録を『沢村にすべきか、バーンズか』という論争への答えは『両方とも、肝心なアウトが必要な場面でピンチを招く』だ」と斬り捨てた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ